パートタイム労働法について

パートタイマーだからと言って、正社員ほどビジネスマナーを守らなくてもいいと言うわけではありません。

パートタイマーであっても

パートタイマーだからと言って、正社員ほどビジネスマナーを守らなくてもいいと言うわけではありません。昔ならパートだから仕方ないかと済まされることもありましたが、非正規社員が貴重な戦力となった今、それは通用しないです。パートタイマーであっても、きちんと会社に就職した人間と考え、ビジネスマナーはしっかり守りましょう。まず、働くのにふさわしい服装をすると言うのは基本中の基本です。正社員は制服勤務だが、非正規社員は私服で構わないと言う会社もあります。私服でいいとは言え、何を着てもいいと言うことではありません。

勤務中はシンプルな服装が望ましいです。原色の服や柄が派手な服、肌の露出が多い服は勤務中にふさわしくありません。私服で働いていいのだから、絶対に譲らないと言うのは通用しません。女性の場合、アクセサリーを身につけることが多いですが、やはり勤務中は外しておくべきです。しかし、結婚指輪などは外す必要はありません。また、仕事の邪魔にならず、デザインがシンプルなものなら身につけてもいいと言われることもありますが、身につけない方が無難です。アクセサリーを身につけないと、仕事ができないと言うことはありません。

Copyright 2018 パートタイム労働法について All Rights Reserved.