パートタイム労働法について

家計を助けるために主婦も短い時間ではあるけど、その少ない時間を利用して働くのがパートです。

パートで働く際のポイント

家計を助けるために主婦も短い時間ではあるけど、その少ない時間を利用して働くのがパートです。大企業は正社員が多くいますが、全員を正社員にすると企業も経営が圧迫してしまうことなどがあり、パートを雇います。パートの多くは時間給ですから、社員よりは安く費用がすむということ、さらに良く働くとされ重宝されています。そのせいか、企業はパートで持っているという会社も多くあり、実際には100人のパートに対して正社員が4人しかいないという企業もあります。

そういった面で、パートに頼っている企業も多くあり、実際問題としては労働時間を制限できずにしているので自己管理をしなければならないという点です。もし、パートで働くのであれば、家庭との両立出来るようにしなければなりません。企業側としては、時間契約をしておきながら、安く使えるとして時間を延ばして使うところもありますので、その点を面接の際には重々気を付けて話をしてください。

また、パートにもパートアルバイト労働法があります。規定に沿らずにしている企業は、あまり良い会社とされていません。そういった企業を事前に避けるためにも、面接の際にはよく話を聞いておきましょう。また、働く前に事前に調べて面接を受けるのも良いでしょう。

Copyright 2018 パートタイム労働法について All Rights Reserved.