パートタイム労働法について

インターネットによる求人が主流になったとは言え、新聞、求人誌、折込求人等も求人媒体として押さえておく必要があります。

インターネットや求人誌等でパートを募集しよう

インターネットによる求人が主流になったとは言え、新聞、求人誌、折込求人等も求人媒体として押さえておく必要があります。新聞は、読者層が多いので掲載期間が限られているものの、短期間で集中して応募者を集めることが出来ます。掲載費用は、求人誌、折込求人より割高な場合がありますが、即効性を求める場合、有効な媒体です。新聞社によって、求人特集を組んでいるので、採用日程に合わせて掲載日を検討しましょう。地方の求人では、新聞による求人広告が圧倒的に強いケースもあります。

求人誌は、インターネットの普及で以前ほど求人件数が多くありませんが、パートやアルバイト希望者にとっては手元で持っていられるという安心感があり、媒体によっては情報量も豊富です。自宅にインターネットの環境が整っていない人は、求人誌や新聞を中心に求職活動を行っています。フリーペーパー等の求人誌も増えていて、地域を限定した募集に適しています。勤務地が近いエリアでパートなどしたい人は、フリーペーパーの求人広告を利用しています。折込求人広告は、新聞等に折り込まれてくる求人で、新聞同様、短期間の掲載で地域が限定されます。採用担当者は、採用エリア、求める人材を十分考慮したうえで、求人媒体を検討する必要があります。

Copyright 2018 パートタイム労働法について All Rights Reserved.