パートタイム労働法について

障害を持っている人は仕事探しは大変ですが、受給者証をとったらスムーズに事は運ぶかも分かりません。

障害者パートで頑張る

障害を持っている人は仕事探しは大変ですが、受給者証をとったらスムーズに事は運ぶかも分かりません。どの程度の障害を持っているかを聞かれてそれに素直に応えたらもらえます。パートでもいいので働きたい気持を持っている人は区役所で手続きをとる様にします。働く時間は4時間30分で無理はありませんので心配しないで下さい。内容は単純作業で職員が丁寧に教えてくれますので、スムーズに出来なくても大丈夫です。困った事があったらスタッフに相談する様にします。道は自分の力で切り開くので、休まないで働く様にして下さい。生活が安定するのは素敵な事です。

若い人は一般就労に向けての場所だと理解する様にします。納得したら働きながら能力を伸ばす様に努力します。働く時間は短いので自分のペースを掴んで手を動かして下さい。疲れたらトイレに立って適当に気分転換をしたらいいです。それでまた作業に戻ったら効率的に落ちる事はありません。コミュニケーションを適当に取るようにと面接でいわれましたが、それは守らなくても仕事に集中していたら大丈夫です。誰かの役に立っていると信じて働いたらやる気にもつながります。短時間労働なので自由時間を有効に活用して下さい。

Copyright 2018 パートタイム労働法について All Rights Reserved.