パートタイム労働法について

アルバイトとパートは似ているようで中身は違うことが多く、アルバイトというと若い学生などがするもので短期間や短時間でも出来るものになります。

アルバイトとパートの違い

アルバイトとパートは似ているようで中身は違うことが多く、アルバイトというと若い学生などがするもので短期間や短時間でも出来るものになります。パートというのは若い学生ではなく主婦がする仕事の雇用形態でもあり、スーパーの仕事というのはそんな主婦のパートによく聞く仕事になります。しかし最近はそんな年代や性別などに関係なくなっているようで、高齢者でもアルバイトも求人がありますし学生でもパートの募集というのがあります。このようにアルバイトとは昔は別物となっていましたが、今の時代はあまり働く人に関しては同じになっています。

しかしパートというのはアルバイトとの違いの中に、社員と同じような仕事をするということがありフルタイムで働くのが常識です。アルバイトは週に数回であったり一日何時間と選ぶことが出来ますが、パートの場合にはそんな労働時間や日数を選ぶことはあまり出来ません。社員と同じで毎日朝から夜まで働くような労働条件になっていて、お店の場合には早番や遅番といったシフト制になっていることが多いです。このようなことからパートの場合には社員になれる可能性もあるので、責任はアルバイトより大きいですがパートにはやりがいがあります。

Copyright 2018 パートタイム労働法について All Rights Reserved.